?>

少しの間だからと座りにくい椅子や場所にいなければいけないことがあります。立つことができる人なら立っている方が楽のこともありそのまま待つ人もいます。しかし座らなければいけない人にとっては椅子のすわり心地が良くないのは致命的になります。1分ぐらい利用するぐらいなら我慢することもありますが、毎日それを利用するとなるとできればすわり心地やよい設定になっている方が助かります。階段昇降機については椅子がついているタイプが多くなります。この時の椅子は座りやすくなっているかです。メーカーによって椅子のタイプは異なりますが、お年寄りなどが利用することを考慮して座りやすい設計になっていることが多いようです。あるメーカーに関しては人間工学を反映させた椅子になっていますから、1日に1分ほどしか利用しない場合でも快適に利用できるようになっています。

階段昇降機で上の階で乗るのが怖そう

子供の時にエスカレーターの上から下に降りるのが怖いことがありました。乗るときは下の様子がわかりません。慣れればどうでもないですが怖いと感じるとその後も常に怖く感じます。下から上の場合は仮に落ちたとしてもそれほどではありませんが、上から下となるとかなり痛いでしょう。そう考えてしまいます。下の階と上の階で状況が異なる場合にどのような設定になっているかは気になります。階段昇降機に関しては、下階と上階では乗り方が少し異なります。下階に関しては階段部分から直接乗るような形です。下がありませんから特に怖さもありませんし安定しています。上階に関して階段部分から直接となるとかなり怖くなります。そのために上の階の平らなところまでレールが伸ばされ、そこで乗り降りができるようになっています。上の階においても普通に座ることができるので怖さは感じません。

階段昇降機を子供が使わないか不安

子どもといえば動くものに興味を示します。公園であったり遊園地に行けば色々な乗り物に乗りたがります。自宅においても普通においている椅子や座椅子などに座ってリクライニングをしたりして遊んでいます。椅子が突然倒れてびっくりするようなこともありました。子供に関しては言い聞かせていてもなかなかわかってくれません。予想外の行動をすることもあるので怖いこともあります。階段昇降機は高齢者などのための設備ですが、子供にとっては楽しい遊具に見えるでしょう。正しく利用すれば危険ではないですが、必ずしもそのように利用してくれるとは限りません。できれば使わせたくないです。この場合、利用者のみが利用できる仕組みがあります。鍵式になっていて、鍵を持っている人しか利用できないようになっています。鍵を持っていない子供は利用できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です