?>

住宅の階段に関しては一定の幅以上と決められています。とは言いながら人がやっと通れるくらいで、大きな人だと難しいこともあります。住宅内では人が行き来することは少ないのでそれほどの広さは求められません。決して広くない階段に何かを設置するとなると更に階段が狭くなってしまいます。生活に影響が出ることもあります。階段に関しては生活していれば毎日使います。階段昇降機において、あるメーカーではできるだけレール部分を薄く設置するように心がけているようです。薄くして安全性が損なわれては意味がありませんから、安全な上で薄くても利用しやすいような設計になっています。これによって使わない時に階段を利用しやすくなっています。1日の多くは利用していないですからこれは大事なことです。使わない時に邪魔になっては困るからです。

階段昇降機はわかりやすい操作

バリアフリー型のエレベーターの場合小さい段差を超えるためだけのところがあります。複数の階を移動するのではなく、上と下に行くだけの仕組みです。この場合ボタン操作なども上と下だけでいいでしょう。それなのに色々とボタンが付いていたりわかりにくい表示があったりすると慌てて操作をしてしまうことがあります。上に行くのに下と押している人を見かけることがあります。上下の表示で十分です。階段昇降機も基本的には上下の移動にしか使いません。ですから操作も上下のみでいいはずです。あるメーカーの操作部分には上と下しか表示されていません。行きたい方向にレバーを動かすのみで操作ができるようになっています。非常に簡単なので誰でも操作ができます。何も書かれていないとどちらが上でどちらが下かがわからなくなることもあるので、表示は必要になります。

階段昇降機は設置すれば問題はないか

家電製品などを使うとき、クーラーなどは設置の時に来てもらいます。後は基本的には来てもらうことはありません。故障などの時に来てもらうだけです。一方でオフィスなどではコピー機は定期的にメンテナンスに来てもらいます。保守サービスと呼ばれるもので、それによってインクづまりなどを減らしてもらえます。車などは車検で定期的に点検をすることで安全に使うことができます。階段昇降機は一度設置したらその後業者が来ることはないかです。これに関しては業者との契約になるでしょう。問題があるときだけ来てもらうパターンと1年に1度などの定期点検に来てもらうパターンがあります。定期点検の場合は問題がないとしても事前に問題を防いでもらえることがあります。部品が壊れそうなところがあったりすればそれを事前に見つけてもらったほうが助かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です